メンテナンス・予防

予防歯科~定期検診のオススメ

定期検診前と後では歯の状態がこんなに変わるんです。


※1歯肉は歯根表面がツルツルになると腫れがひき、ひきしまります。細菌が歯肉の溝の中へ侵入しにくくなります。
※2 破壊された骨は若干、回復します。

ご存知でしょうか?「歯周病の一体なにが脅威なのか?」ということを。

私達が歯周病の対策にこだわる理由
あなたは、心臓疾患の患者さんの8割が歯周病にかかっていたという事実をご存知ですか?
歯周病は細菌感染症なので、血液を介して身体中を駆け巡り、悪さをします。その為、血液循環の根本である心臓に最も負担がかかると言われています。
つまり、歯周病は単なる歯ぐきの病気で、血が出たり歯が抜けやすくなるだけでありません。身体全体の病気に深く関わりがあり、命の危険性もあると言われている、諸悪の根源となり得る、実は恐ろしい病気なのです!
歯周病が巻き起こすリスクの具体例
・心臓病(心筋梗塞など死に直結する病)
・呼吸器疾患(肺炎・喘息・咽頭炎)
・早産を引き起こし、乳幼児の死亡率が高まる(子宮を異常収縮させる)
・糖尿病(インスリンの効果を低下)
もちろんお口への悪影響もあります。しかし、歯周病菌が全身を駆け巡り、死に直結する病魔を引き起こす原因であることが本当の脅威なのです!!
間違えないで。あなた一人の問題ではないのです。
歯周病は「細菌感染症」であるとご説明しました。歯周病はもともとはお口にいない菌なのです。お分かりでしょうか?
そう、歯周病菌が発生する原因は人からうつされることなのです。箸の使いまわし、回し飲み、回し食い、キス、くしゃみ、これらが感染ルートとなるのです。
普段、生活を共にする誰か1人が感染してしまうと、ご家族全員が危険にさらされます。非常にリスクが高まってしまうのです。
料金はコチラ