インプラント

当院では、治療の選択肢の一つとして、インプラント治療を行っております。
インプラントをする事により従来の噛む力を取り戻す治療です。
うまく噛めない事により硬いものを食べなくなり柔食になります。
そうなると、顎の筋力も落ち表情などにも影響してきます。
しっかり噛めるという事は、すべての源にもなり人が生活していく中でとても重要な事です。噛める事の喜びを提供できるように治療の一つとしてご提案させて頂きます。
お困りな方は当院へお気軽にご相談ください。

 

インプラント治療とは

インプラント治療は、歯の抜けた部分に人工の歯根(しこん)を外科手術により埋め込んで、顎の骨に定着した後、人工の歯冠をその上から装着する治療法です。

インプラント自体は永久的なものではありません日々のお手入れ(ブラッシング)と定期的な健診(メンテナンス)を継続することで長持ちさせる事ができます。

 

インプラントと入れ歯の違い


 

治療の流れ

1 検査・診断・カウンセリング

お口全体の状態をお調べ致します。
問診においては、病歴や服用中のお薬などをお伺いします。
歯の骨や顎の状態を見る為に、レントゲンやCTにて撮影を行います。
またご自身で気づかない疾患の有無を確認する為に血液検査を受けて頂いております。

 

2 治療計画

患者さまのご要望を伺いながら最適な治療計画をご提案いたします。
シミュレーションによってどこにどのようにインプラントを埋めるかなどをご説明させて頂きます。
費用・リスク等もしっかりとご説明いたしますのでご不明な点や不安な事があればお気軽にお伝えください。

 

3 術前処置

インプラントの手術を行う前にむし歯治療、歯周病治療、抜歯、など感染を予防する為にしておくべき治療を行います。
数回ほど通院をして頂く必要があります。

 

4 一次手術

顎の骨にインプラントを埋め込む手術です。
2回法では、切開した歯肉を縫合しインプラントの上にかぶせて、インプラントが骨とつながるのを数ヶ月間待ちます。
1回法では、インプラントの頭の部分が歯肉から突き出た状態で、この治癒期間を過ごしていただきます。

 

5 二次手術

2回法の場合は、数ヶ月後にインプラントを掘りおこして、土台をつける手術が必要になります。

 

6 仮歯装着

仮歯をしばらくの間実際に使ってもらい、色や形、かみ合わせ等のチェックをします。

 

7 最終的な歯の装着

仮歯からの情報をもとに、より自然で、より充分に咬むことのできる歯を装着します。

 

8 メインテナンス

インプラントを長持ちさせるためには、メインテナンスが重要です。
ご自分でのケアはもちろんのこと、定期的に来院していただき検査と管理をしていきます。

 

お気軽にお問い合わせください。0896-74-1184受付時間 9:00-18:00 [ 木・土午後・日・祝日除く ]

お問い合わせ